社員紹介(リフォーム課)

リフォーム課
竹田 雄貴
【出身】駒澤大学 経済学部現代応用経済学科 卒
2015年度入社
これが私の仕事
退去した部屋を、次の入居者が住める状態へリフォームをする業務

ご入居者様が退去された際、退室立会いにて部屋を点検⇒工事に掛かる費用を入居者様オーナー様へ折衝⇒工事内容を元に工事手配⇒完了チェック及び鍵交換を経て、次の入居者様が不備なく快適に過ごせる状態にするというのが簡単な業務の流れです。
特に折衝の際は、間違った伝え方や、わかりにくい説明をしてしまうと内容・金額についてご理解して頂けないことがあります。
日々の業務において、工事の必要性を考え、建物の知識を身に着ける事でより分かり易い説明になるよう気を付けています。
入居者、オーナー、元請け、協力業者と様々な人と直接話せる業務です。
様々な立場の人の考えを汲み取り、その部屋に反映できることはこの業務の強みだと考えています。

だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわる
エピソード
リフォームを通じてオーナー様へ感謝されたこと

リフォーム業務は、次の入居者が住めるようにすることが目的ですがオーナー様の所有している部屋の価値を下げないという事も重要だと考えています。その中で原状回復をする工事だけでなく、設備を交換する際に、現在のニーズに合った物に変えたり、新しく設備を設置したりする、提案工事も行います。
工事後にオーナー様へ部屋を見て頂いた際、とても喜んで貰え感謝して頂けることが何よりも提案して良かったと感じられます。

ズバリ!
私がこの会社を
選んだ理由
企業理念に共感した事と職場の雰囲気

大学で社会貢献に関わることを学んでいた為、社会貢献性の高い業界を探していました。
その中でアーバンシステムに出会い、日々の生活に重要な関わりのある不動産管理に魅力を感じました。
また、ストックビジネスという安定した収益が見込める為、安定したサービスを提供出来る事も強みだと感じました。
また、内定後の研修に参加した際、職場の雰囲気がとてもよく、仕事をする時に相談や協力がしやすく、働きやすい職場環境だと感じ選びました。