No. 109 新型コロナウイルスと展示会

2020/08/18 更新   環境通信のトピックス

 今年は新型コロナウイルス感染拡大により、日々の暮らしや仕事の体制などあらゆる場面で生活スタイルが大きく変化しています。今まで当たり前に人と接し会話をしていたのが思うようにできなくなるなど、戸惑っている方も多いのではないでしょうか。

 これまで大きな会場で人を集めて製品・サービスを紹介したり、デモンストレーションする展示会も、接触や飛沫感染のリスクが伴う為、キャンセルや延期をせざるおえなくなっています。しかし、オンラインでの展示会もチラホラありますが、どんな感染対策を取るかが今後の大きなカギになっていくでしょう。

 東京ビックサイトがまとめた感染防止対策の指針では、政府の基本的対処方針などを参考に、換気の悪い密閉空間、人が集まる密集場所、対面での会話が行われる密接防止に心掛け、消毒などの対策、体調不良の方の来場自粛、など感染防止対策を行い、最大収容者数は1㎡あたり約0.5人としています。多くの人が出入りする施設では、他にはサーモカメラの設置や出入口の一方通行化をしています。今ではどこに行っても消毒液の設置があり、日常の感染予防対策として浸透して来ました。

 また、来場型の展示会やイベントのスタイルとして、参加者は事前に登録されたQRコード情報で管理され、名刺交換はQRコードのスキャンで済ませたり、もし感染者が発生した場合は登録されたアドレスに一斉通知を行って感染が疑われる方への注意喚起を行うなどの対策が取られています。非対面でのイベントではWEB上で対面し商談をするスタイルもあります。


アーバンシステムでは厳重な感染対策を取り、下記の展示会(イベント)に出展を予定しています。

【マイナビ転職フェア大井町】

日時: 2020年8月23日(日)11:00~17:00
会場: きゅりあん(品川区立総合区民会館)7階イベントホール
小間位置: 2番

【SDGsライフスタイルフォーラム】
日時: 2020年10月15日(木)~17日(土)10:00~17:00
会場: 東京都立産業貿易センター浜松町2~5階
小間位置: 2f-18
出展社名: 環境ビジネス総合研究所ブース内


【イベントでの感染症対策】

1. 発熱者・体調不良者の入場防止
・37.5℃以上の発熱や体調不良の方の参加を控えて頂く

2. 衛生環境の維持
・消毒液の設置
・マスクの着用
・手洗いの徹底
・手指が触れる箇所の消毒用アルコールでのふき取り

3. 3つの密の回避
・ソーシャルディスタンスの確保(椅子を離す、並ぶ箇所の印付け)
・換気の徹底
・対面箇所にアクリルボードなどの設置
・面談時間は30分以内


【編集後記】
現在のところ特効薬が無く未知のウイルスである為、対策も本当に難しいですが、やはり展示会では直接来場者と話して相互理解が得られるのは非常に重要だと感じます。来場者も出展側も細心の注意を払い、笑顔でイベントを乗り切りたいですね。皆様ぜひご来場下さい。

記者:アーバンシステム㈱ 岩松