No. 113 Remote Loversと周辺環境

2021/07/20 更新   環境通信のトピックス

 昨年当社では創立30周年を迎え、その記念事業として「Remote Lovers」という、リノベーションプロジェクトをスタートしました。東京から半径100キロ圏内のエリアを対象に、趣味を楽しむためのセカンドハウスやリモートワークの拠点として様々なライフスタイルを叶えるための、独自性や地域の特色を活かしたリノベーションした住空間を提供するサービスです。

 最初の物件は神奈川県横須賀市の秋谷にある、相模湾が一望出来るシーサイドマンションです。実際に完成した一室に社員が滞在し部屋の様子、設備の使い心地、周辺の環境、様々な事と実体験しました。毎日眼下に海を眺める素敵な環境をご紹介します。

マンション前の海岸から見た夕景

マンション外観

大人の雰囲気な311号室

無垢材が特徴的な507号室

 この辺りは葉山御用邸も近隣にあるせいか高級別荘や企業の保養所が立ち並び、街全体が落ち着いた雰囲気です。海はもちろんですが、内陸はすぐ山になっているので、海と山の自然の両方が楽しめるとても贅沢なエリアです。近年コロナ禍によりリモートワークを実施する企業が増え、都心からさほど遠くなく、環境が良いこの地域は一気に移住やセカンドハウスとしての需要が増えました。

 葉山エリアには鉄道が通って無く、最寄り駅はJR逗子駅か京浜急行線逗子・葉山駅になります。湘南新宿ラインや京浜急行は始発駅で座ることも出来るし、本数も多いので都内や横浜方面への通勤も便利です。駅からは各方面にバスが頻繁に出ていて、少々離れた遠いエリアでも以外と便利。しかし、観光地である為、土日は道路が混雑します。抜け道が少なく、古くからの狭い道路も多いので土日は余裕を持った行動をしないと駄目ですね。

逗子駅

最寄りの峯山バス停はハート型

【海エリア】

 葉山のイメージはやはり美しい海ではないでしょうか。波は穏やかで富士山や江ノ島、大島まで望むことが出来ます。日本のヨット発祥の地でもあり、東京2020オリンピック・パラリンピック大会ではセーリングの競技会場として、江の島ヨットハーバーが決まりました。江の島から逗子・葉山沖で開催される予定です。沖で競い合うヨットが見えるかもしれませんね。

◇東京2020オリンピック競技大会<セーリング>
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/i7e/cnt/f535016/index.html
セーリング競技は帆に風が流れる揚力により、水上を滑走する速さや技術を競います。海面に設置されたブイを順番に回りゴールする競技です。
会場である江の島ヨットハーバーは1964年の東京オリンピックの開催にあわせて整備された日本初の競技用ヨットハーバーです。当時は「ヨット」と呼ばれていましたが2000年のシドニー大会から「セーリング」という名称に変更になりました。
オリンピックのセーリング競技日程は7月25日(日)~8月4日(水)です。

◇海岸
・逗子駅から徒歩でも行ける逗子海岸は海水浴の他、SUPやウインドサーフィンのスクールもあり初心者でもマリンスポーツを楽しむ方が多くいます。

・葉山マリーナはヨットやクルーザーが停泊しており、クラブショップにはおしゃれなカフェやマリングッズのショップも入っていてお買い物が楽しめます。江ノ島・裕次郎灯台周遊クルージングは石原裕次郎灯台から江ノ島を巡る人気のクルージングです。

・森戸海岸には森戸神社があり、沖には鳥居や裕次郎灯台があり、それをバックに海を撮影するフォトスポットです。神社のおみくじはかわいい鯛の形のもあり、小さな釣り竿でひっかけて釣り上げる楽しいおみくじです。

・一色海岸は葉山御用邸と隣接しているので、常時ミニ交番のようなおまわりさんの立寄り所がありますが、波が穏やかで緩やかな海岸線や小さな岩場、海岸には珍しく芝生のエリアがあり、椅子を置いて読書をする人やマットを敷いてヨガをする人など、ゆったりした時間が流れています。

・長者ケ崎海岸は江ノ島、伊豆半島、富士山、大島などの眺望が特に素晴らしく、夕陽を眺めるのに最適なところです。ここを境に住所が葉山町と横須賀市に分かれます。

・マンション前の関根海岸は波のうねりや返しが綺麗に表れ、サーフィン上級者のスポットです。風が強い日は波も高くなる為、海岸線の侵食が進みやすく、砂利を運んで養浜を行い海岸線が陸に近づくのを防いでいます。

・立石海岸は公園が整備されていて岩場や海岸に下りる事ができ、無料の駐車場もあり常に観光客でにぎわっています。名前の由来となっている立石は海に突き出た大きな岩。江戸時代の安藤広重が風景画を描いたことでも有名な絶景ポイント。そしてこの立石海岸から繋がる秋谷海岸は波が穏やかで海水もきれいな海水浴の人気スポット。

久留和海岸から見た富士山

部屋から望む夕景

【山エリア】

三ヶ岡山、仙元山など四季折々の草花を楽しみながらハイキング出来るハイキングコースもあります。

・春
菜の花(湘南国際村)
桜(花の木公園、町役場、あじさい公園、しおさい公園)
フジ(花の木公園)
ツツジ(花の木公園、しおさい公園、湘南国際村)

・夏
ハナショウブ(しおさい公園)
アジサイ(しおさい公園、あじさい公園)

・秋
ハマカンソゾウ、イソギク(しおさい公園)

・冬
椿(しおさい公園、町役場)
梅(しおさい公園)※皇太子殿下成婚記念樹の紅梅

あじさい公園のあじさい

あじさい公園より街と海が一望できます

【食】

近隣の漁港で水揚げされたばかりの新鮮な魚、温暖な気候で育った野菜、ブランド牛として名高い葉山牛、どの食材を取っても抜群に美味しく食の宝庫です。
道の駅、朝市、直売所など、スーパー以外で新鮮でおいしいものを購入出来ます。

・ハヤマ・マーケット日曜朝市 https://www.facebook.com/hayama.asaichi
開催日 日曜日 8:30~10:30
場所 葉山鐙摺港 葉山漁協前
品目 野菜、魚、パン、ケーキ、コロッケ、お酒など

地域のお店が出店していて価格も手ごろで美味しい。テーブルや椅子もあり購入しその場で朝食として楽しめる。ラ・マーレのタルトの切り落としは開店前から行列ができ人気。旭屋牛肉店の葉山牛コロッケやプレドールのパンなど人気店の商品も並びます。

・HAYAMA STATION http://www.hayama-station.jp
営業時間 9:00~19:00(水曜日定休)

逗葉新道料金所そばの道の駅。外観はシックでおしゃれな雰囲気。地元の人気店の商品が並び、ここに来れば葉山グルメを満喫出来るほどの充実ぶり。お土産を購入したりイートインコーナーで休憩したり葉山に来たら必ず立ち寄りたい場所。

・すかなごっそ(水曜日定休) https://ja-yokosukahayama.or.jp/sucanagosso
営業時間 9:30~18:00

JAよこすか葉山の道の駅。横須賀地域の朝採れた新鮮な野菜が並んでいます。キャベツや三浦大根など特産野菜の他、カラフルな人参やロマネスクなどあまり見かけないおしゃれな野菜も並んでいます。

【美味しくておしゃれなお店】
周辺にはとても美味しくそして雰囲気がおしゃれなお店がいっぱいあります。その一部をご紹介します。

「LUVIT」
海に突き出した場所にある
ハンバーガー店

「MARLOWE」
ビーカーに入ったプリンが美味しい
葉山を代表する人気店

「サンルイ島」
日本初パティスリーと名乗った老舗洋菓子店
チェリーのクラフティが有名

「cafe会英楼」
カレーもケーキも美味しいcafe
カスタードレモンパイが人気

「プレドール」
モーニングのパン食べ放題が大人気

「PLAGE SUD」
海辺のイタリアン
長者ヶ崎のマンションから歩いてすぐ

「オランジュブルー」
神奈川県立近代美術館内のレストラン
眺めが良くシーフード料理がおいしい

「葉山クッキーマスカット」
アメリカンスタイルのクッキー専門店
ひとつひとつ店内で手作り

【環境問題】
地域で話題となっている環境問題や活動をご紹介します。

・横須賀火力発電所建設
海と山の自然豊かな地域なのですが、同じ横須賀市内に大規模な石炭火力発電所の建設が進んでいます。大型の石炭火力発電所は1基につき年間約600万トンのCO2を排出し、天然ガス火力発電の約2倍ものCO2を排出するそうです。この1号機は2023年より稼働予定しており、稼働すると年間726万トンのCO2を排出するとされています。
気候変動対策や脱炭素化が世界各国で叫ばれる中、計画を進めた国に対し問題視されており、市民は安心して暮らせる環境、子供達の未来を守る為に反対運動や署名活動を積極的に行っています。

・葉山町クリーン計画
「かながわプラごみゼロ宣言」の取組みとして「はやまクリーンプログラム」を宣言し、町が管理している自動販売機にペットボトル飲料を無くしました。また、町の公共施設にだれでも無料で水を入れることが出来るウォーターサーバーを設置しマイボトルの普及を促しています。
 この「はやまクリーンプログラム」は開始から1年半で町役場でのペットボトルごみ削減率が約85%までに減らすことが出来たそうです。

【ほかにも】
同じ三浦半島の反対に位置する野比に「Remote Lovers」のリノベーション物件が完成しました。

コンセプトは
Home sweet Home ~帰りたくなる家~

外形が六角形と特徴的な建物。リビングの大開口の窓からは海が一望できるパノラマビュー。
広々としたリビングダイニングにスキップフロアを採用。
折天井には間接照明そしてシーリングファンを配して、家族の団欒を演出します。
また調理中でも家族とのコミュニケーションができるように、キッチンは対面フルフラットタイプを採用しています。
「快適な生活」をお届けするために玄関には帰宅後そのまま使用できる手洗い洗面を設置。
主寝室の一角には在宅ワークができるリモートワークスペースを設けています。
「チェリスガーデン湘南野比ウエスト6番館103号室」

YouTube

ホームページ
https://urbanstream-reform.com/work_category/remote-lovers

空をイメージしたブルーの絨毯

テーブル上のダウンライトも印象的

「Remote Lovers」はこれからも新しく快適なリノベーション物件を次々生み出すでしょう。
今後も目が離せません。

記者:岩松美千子