No. 115 SDGsライフスタイルフォーラム展示会を見学して

2021/09/30 更新   環境通信のトピックス

 先日9月16日~18日に東京都産業貿易センター浜松町館にて開催された「SDGsライフスタイルフォーラム」の展示会へ見学して参りました。同展示会はオーガニックライフスタイルEXPOと同時開催で、オーガニックや環境配慮製品・サービスをご紹介し、更によりSDGsにスポットを当てた展示会として開催されました。今回は見学して特に気になった展示をご紹介します。

■M社(天然素材の建築資材取扱い会社)
シックハウス症候群の健康被害はホルムアルデヒドの有機化合物が原因とされていますが、実際は水に溶ける物質なので体内に入っても尿で排出され体内に残ることはないそう。日常的にホルムアルデヒドの水溶液であるホルマリンを扱う歯科医にシックハウスを発症した事例はないそうです。
シックハウスを発症しやすい人は、汗をかきにくい人、やせている人、女性で、特に台所によく立つ主婦に多いそうです。例えば、鍋にお湯を沸かした湯気(水道水に含まれる塩素)と化学建材に含まれるベンゼンが空気中で結びつき、猛毒のダイオキシン類が発生します。ダイオキシン類など有害な化学物質は水には溶けず油で溶ける性質なので、血管から吸収され肝臓へ運ばれると分解されずに体内に溜まってしまいます。
他には、一般的な建物には化学建材や合成接着剤を多く使用されており、通常、接着剤の寿命は20~30年と言われていますので、接着剤の寿命が住宅の寿命につながるとの事でした。

□感想
同社は健康的に長く暮らせる住宅建材を紹介しており。特に「漆喰」の良さをご紹介していました。お城や古い住宅の壁に用いている印象でしたが、吸湿や放湿に優れているため結露しにくく、弱アルカリ性のためカビ・ダニの発生を抑制するなど良い効果があり最近では、自身で漆喰を塗り味わいのある壁を楽しむ方も多いそうです。安くて簡単なものより、手間はかかるけど環境に良く愛着の湧くものが好まれる傾向にあるのかもしれませんね。やはり長く住む家は健康で安心して暮らせるのが一番と感じました。

■ソーラーシェアリング
農地の上に藤棚のように高さのある架台を置き、その上に幅の狭い太陽光パネルを設置し、農業と太陽光発電の両方を行う仕組み。農業を安定的に行いつつ、発電された電力は農家、地主、発電事業者でシェアするものです。
長崎のハウステンボスに日本で初めてとなる自家消費型ソーラーシェアリングが稼働しており、環境省と農林水産省の補助事業に採択され、発電した電力は自動潅水システムや施設内の電力で使用されています。
また、導入支援業者やエシカル教育団体など様々な事業者が手を取り合い、それぞれの特性を生かして合同で事業展開しているところも多いそうです。

□感想
架台の高さがあるため太陽光パネルの下にトラクターなどの農業機械が行き交い、日差しもあるので通常通りの農作業が行え、電力が得られる、正に一石二鳥ですね。農業や地域が衰退しないよう耕作放棄地にもエリアを広げ、ITを活用して収益予測を行ったり、災害時は非常用電源として地域の助けとなったそうです。環境や地域と調和したシステムとしてこれからも期待が持てそうです。

■これからの移住スタイル
コロナ禍により人との距離感や働き方に変化が出てきました。リモートワークの普及により地方移住が注目されています。これまでの生活圏と離れすぎず行き来も可能な距離で、人と自然が調和した持続可能な街としてオーガニックな街づくりを推進しています。
(農業移住)農薬や化学肥料も使用しない農業を行い、今の深刻な環境問題を解決する鍵となる為、山深い地域に借りた家で田園を耕しながら田舎暮らしをして、緑や大きく広がる空に元気を取り戻した。
(DIY移住)廃材やホームセンターで購入した資材で古い家を自分好みのDIYをして少しづつ手直し行い、都内に週1~2回通勤しながらコツコツ作業を進め、いつしか楽しみになった。
(テレワーク移住)満員電車の通勤から解放され、体の負担も軽減し仕事への支障もなく、家族との時間が増えた。休日は庭でバーベキューし、日々のストレスない環境が作れた。

□感想
当社のリノベーションブランド「Remote Lovers」に繋がるスタイルですが、都心部と程よい距離感で趣味を楽しみつつリモートワークなどを行い、これまでのただ暮らして行くというだけではなく、家族の人生、将来設計を自由な発想でカスタマイズして自身なりの移住スタイルを確立している人が最近多くなっているそうです。移住・定住を応援する自治体も増え、物件探し相談、空家バンク制度、空家リフォーム助成金などの制度を出しているところもあります。都心部に一極集中ではなくちょっと離れたエリアで健康的に暮らし地域活性に貢献するものいいものですね。

「Remote Lovers」https://urbanstream-reform.com
趣味を楽しむことや落ち着く暮らしなどの様々なライフスタイルと多様化しているワークスタイルをより快適にすることを叶えるための独自性と時代のニーズに合わせたフルリフォームサービスです。

記者:岩松美千子