2023年稲刈り!

2023/09/19 更新   みんたば!のトピックス社員ブログのトピックス

青森と茨城の契約農家にて稲刈りをして参りました。
今年は例年にない猛暑日が続き、稲刈り日程の起点となる積算温度もみるみる上がった為、これまでに無い早い日程での稲刈りとなりました。


【まずは茨城から】9月12日(火)
元社員が実家の農家を継ぎ、稲作を中心に「こしひかり」と「あきたこまち」を作っています。
場所は茨城県坂東市。県の北西部に位置し、温暖で農業に適した位置にあります。坂東市はさしま茶、ねぎ、さつまいもなど様々な農作物ができることでも有名で、田畑が多くのどかな地域です。
今回稲刈りは、新入社員2名と内定者3名と一緒に向かいました。


ゴレンジャー?!今年の稲刈り戦隊です!

稲刈り機に乗っての稲刈りはみんな真剣な表情

定番の手刈り。お米の有難さを実感です。

初めての稲刈り機にテンション上がります。

沢山稲刈りが出来て喜びのジャンプ~

シャインマスカット狩りもしました。

陶芸を体験。土に触れあう一日でした。


【広大な青森で稲刈り】9月15日(金)
例年9月末から10月初旬に行っていた稲刈りは猛暑の影響によりこれまでにない速さで稲穂が育ち、青森での稲刈りはナント茨城と同じ週!本来なら地域によってだいぶ時期がずれるのですがあまり変わらない時期での稲刈りでした。
そして、これまで青森のアーバンシステム米として馴染みのあった「つがるロマン」ですが、この品種は終了してしまう為、今年が最後の収穫です。そんな想いもあり心を込めて稲刈り作業をしてきました。

稲穂にお米がいっぱい実っています

広い田んぼで沢山収穫しました。

前日の雨の影響により、稲刈り機は使用できず手刈り作業のみです。

りんごの色付きも少しずつ始まっていました。

迫力ある立佞武多を見学。

こちらでもシャインマスカットが最盛期


今年は、茨城・青森共に雨が少なく猛暑の影響で若干稲穂が短く、収量は例年より少なくなりました。地球温暖化の環境問題を切に感じる稲刈りでした。

そして、収穫したお米は乾燥、精米して袋詰めされて私たちの元へ届きます。美味しい新米を食べるのが楽しみですね。

来年は大豊作となるように身近で出来る環境取組みましょう。