入社式

2023/04/05 更新   社員ブログのトピックス

4月3日に2023年度新入社員の入社式を執り行い、男性1名、女性1名の新たな新人を迎えることができました。
式の様子をご紹介させて頂きます。



【 2023年度 新入社員入社式 】
日時 : 4月3日(月)9:00~9:30
場所 : 本社地下コミュニティールーム
参列者 : 小柴会長、臼田専務、田中本部長、高橋課長、岩本課長、岩松社員、花松社員
      ご来賓 村上悦榮様(第54代・58代・66代練馬区議会議長、
      東京トロフィー株式会社 取締役、社会福祉法人北町大家族 理事長)
新入社員 : 2名


参列者のご挨拶とメッセージをご紹介します。


■小柴会長より
本日はご入社おめでとうございます。また、おはようございます。まずこれから皆さんは「おはようございます」と大きい声の挨拶をしっかりと意識して下さい。

振り返りますとこれまで皆さんは1年近く長い就職期間でした。まず、私どもの会社を見つけて頂き、そこで興味を持って、面接を繰り返している間に想いに変わり、昨年の10月には決心をして頂きました。やはり、このきっかけがあり、尚且つ最終的な決心をされたこの想いは、人生の岐路にいつも浮かんでくることだと思います。
今日入社されて決心をされたこの気持ちもいつまでも残ると思います。逆に言えば皆さんをお迎えするのはいかに大事なのか、そんな気持ちを持ってお迎えします。

70年代に「燃えよドラゴン」という映画があり、その中でブルースリーが言ったセリフで「考えるな、感じろ」という言葉がありました。若いうちは内容を考えることが先に来てしまいますが、このようなデジタルの時代においては意外と「感じる」というのは大事だと思います。その気持ちの積み重ねで、世の中は動いている気がします。英語で言うと「don’t think.」「don’t think. feel.」この言葉が残って頂けたら嬉しいです。

もうひとつ、企業の社会的責任に、雇用を生むというのが一番にありますが、同時にESG、SDGsという考え方の社会貢献が求められています。当社は東京都練馬区を起点にスタートし、今では関東一円に広がりました。今後も益々発展と社会貢献したいと思っております。
是非今の気持ちを念頭に、この練馬区に社会貢献と、世の中への貢献を通して社会人としてのスタートをして下さい。




■ご来賓 村上様より
お二方のアーバンシステムへのご入社、誠におめでとうございます。アーバンシステム様には地域に様々な貢献を頂いています。
私自身は7期28年間議員を務めさせて頂きました。きっかけは何だったかと言うと商店街や北町工業会の理事を務めさせて頂き、地域の課題をどうやって解決するか、そのような事から始まり、それを一つ一つ作り上げ、変化させ、この関係で商業環境、地域経済、中小企業、その対策を1期目から3期目まで集中的にさせて頂き、様々な補助制度、助成金の交付などの制度を改正していました。おかげで要項の変更が9項目でき、商店街の発展に繋げさせて行きました。
この商店街の通りは旧川越街道で練馬の中で唯一の宿場町です。従いしまして様々な旧跡も地域にいっぱいあります。その中核が北町二丁目にあり、北町二丁目町会が伝統的なものを引き継いで守り、商店街の活動や地域の継承をしています。

会社のために頑張って頂いて、余力が出来たら町の事にもご参画頂いて、アーバンシステムの中で楽しい人生になれるようにご祈念申し上げてご挨拶とさせて頂きます。ご入社おめでとうございます。頑張って下さい。



■臼田専務より
入社おめでとうございます。少しは慣れましたか。4月は一か月間レクをやって頂いてそしてGW明けから配属となります。
まずは社会人になったばかりですのでご両親に感謝をして欲しいと思うのと、ご縁があって不動産業界の中の「不動産管理業務」という仕事を始めて行くので、大きなミッションとしては、これからお二人の仕事での言動やパフォーマンスが、この会社の評価に繋がります。そういう想いを持って下さい。
最近、会社説明会でお話しているのですが、「管理会社の地位を上げて行きましょう」それが大いなるミッションだと思います。必ず上がって行きます。お二人も仕事を覚えながらお客様の為に、あとはお客様が喜んで頂いているか、幸せに感じて頂いているかを必ず心に持ってこれから仕事をしていってもらいたいです。



■田中本部長より
ご入社おめでとうございます。来て頂いて本当にうれしく思いますし、感謝申し上げます。大歓迎です。これから一緒にやっていけるとワクワクしております。楽しみに待っていますので頑張って行きましょう。
私からは、今までは親御さんに育てて頂いて、ご家族は大変だったかと思います。これからは社会人になって、先輩、元受様、オーナー様、テナント様などいろんな方に支えて頂いて仕事をやらせてもらうという事になるので、皆さまに「感謝」という気持ちを忘れずにお願いしたいと思っております。
そして、管理業はこれから伸びて行きます。2035年には、団塊の世代の方の家がどんどん空いていくとされており、空き家税が2026年から導入予定されて、恐らくこれから新しいものを建てて行くというよりも、リノベーションが増えてくると思います。
そして、私たちの管理業が社会的にもっと必要とされて行くと思います。2035年は皆さん中核となって働いている頃だと思いますので、この会社を引っ張って行く位の気持ちで宜しくお願いします。
これから頑張って行きましょう。おめでとうございます。



■高橋課長より
入社おめでとうございます。これからは学生時代とコミュニティなど全然違うと思います。年齢層も違うし付き合い方もこれから勉強して行くことと思います。
私たちの仕事はスポーツと違って勝ち負けとかありません。ただし、色んなセクションがあって色んな仕事をしていますが、共通の認識として「会社の発展」という同じ目標に向かっています。
派手なことやっている人が必ずしもフュージョンされる訳ではないです。地道にやっている人も当然見ていますし僕はしっかり見ていますので、やれることからやって行って頂きたいのと、ずっと謙虚でいてもらえると良いかと思います。
今のフレッシュな感じでずっとやって頂けると必ず成長して行けるかと思いますので、今後とも宜しくお願いします。